最近のミステリー(推理小説)は、面白ければシリーズ化するという傾向があります。面白くない本を選ばないためにも、シリーズ物はおすすめです。
TOP > 北森鴻 > 北森鴻「香菜里屋シリーズ」

北森鴻「香菜里屋シリーズ」

花の下にて春死なむ 花の下にて春死なむ

年老いた俳人・片岡草魚が、自分の部屋でひっそりと死んだ。その窓辺に咲いた季節はずれの桜が、さらなる事件の真相を語る表題作をはじめ、気の利いたビアバー「香菜里屋」のマスター・工藤が、謎と人生の悲哀を解き明かす全六編の連作ミステリー。第52回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門受賞作。

Amazonで見る >>

シリーズの特徴

三軒茶屋にあるビアバー「香菜里屋(かなりや)」のマスター工藤哲也が客が持ち込む謎を解くシリーズです。

心にしみるマスターの推理とオリジナルの料理が読者を癒します。すべて短編集になってます。


北森鴻「香菜里屋シリーズ」:作品一覧

  1. 花の下にて春死なむ
  2. 桜宵
  3. 螢坂
  4. 香菜里屋を知っていますか


\今日の売れ筋をチェック/
Amazonミステリーランキングを見る>>

関連記事