最近のミステリー(推理小説)は、面白ければシリーズ化するという傾向があります。面白くない本を選ばないためにも、シリーズ物はおすすめです。
TOP > 綾辻行人 > 綾辻行人「館シリーズ」

綾辻行人「館シリーズ」

十角館の殺人 十角館の殺人

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

Amazonで見る >>

シリーズの特徴

寺の三男坊(後に推理作家)の素人探偵・島田潔が、今は亡き建築家・中村青司が建築に関わった奇怪な建物に魅せられ、訪ねていく。すると、そこでは決まって凄惨な殺人事件が起こる。

あえて用いる「秘密の抜け道」「隠し部屋」という本格ミステリの禁じ手、単なる謎解きだけではない、幻想怪奇趣味満載の、綾辻行人特有の世界観、そして叙述トリックを駆使したストーリーによる終盤での大胆などんでん返しが特徴である。特に、第1作『十角館の殺人』は新本格ムーブメントの嚆矢となった、日本ミステリ史上の傑作の一つとされる。第5作『時計館の殺人』は、第45回日本推理作家協会賞を受賞した。


綾辻行人「館シリーズ」:作品一覧

  1. 十角館の殺人
  2. 水車館の殺人
  3. 迷路館の殺人
  4. 人形館の殺人
  5. 時計館の殺人
  6. 黒猫館の殺人
  7. 暗黒館の殺人
  8. びっくり館の殺人
  9. 奇面館の殺人



\今日の売れ筋をチェック/
Amazonミステリーランキングを見る>>