最近のミステリー(推理小説)は、面白ければシリーズ化するという傾向があります。面白くない本を選ばないためにも、シリーズ物はおすすめです。
TOP > 東川篤哉 > 東川篤哉「謎解きはディナーのあとでシリーズ」

東川篤哉「謎解きはディナーのあとでシリーズ」

謎解きはディナーのあとで 謎解きはディナーのあとで

国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は執事兼運転手の影山。暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに謎を解き明かしていく。

Amazonで見る >>

シリーズの特徴

東京・国立市を舞台に世界的な企業グループの令嬢で、新人刑事の宝生麗子が遭遇した難解な事件を、彼女の執事・影山が、現場を見ずとも概要を聞いただけで事件を推理し、解決に導いていく、という作品。本格ミステリーの体裁を取りつつ、影山が執事の立場でありながら麗子に毒舌・暴言を吐いたり、上司である風祭と麗子のやり取りなどユーモアをふんだんに取り入れた作風となっている。


東川篤哉「「謎解きはディナーのあとでシリーズ」:作品一覧

  1. 謎解きはディナーのあとで
  2. 謎解きはディナーのあとで 2
  3. 謎解きはディナーのあとで 3


\今日の売れ筋をチェック/
Amazonミステリーランキングを見る>>

関連記事