最近のミステリー(推理小説)は、面白ければシリーズ化するという傾向があります。面白くない本を選ばないためにも、シリーズ物はおすすめです。
TOP > 西澤保彦 > 西澤保彦「匠千暁シリーズ」

西澤保彦「匠千暁シリーズ」

解体諸因 解体諸因

すべての謎は死体から始まった。6つの箱に分けられた男。7つの首が順繰りにすげ替えられた連続殺人。エレベーターで16秒間に解体されたOL。34個に切り刻まれた主婦。トリックのかぎりを尽くした9つのバラバラ殺人事件にニューヒーロー・匠千暁(たくみちあき)が挑む傑作短編集。新本格推理に大きな衝撃を与えた西澤ミステリー。

Amazonで見る >>

シリーズの特徴

匠千暁(タック)、高瀬千帆(タカチ)、辺見祐輔(ボアン)、羽迫由起子(ウサコ)という個性的な4人を中心とした本格ミステリシリーズ。
国立安槻大学の学生である4人が様々な事件に遭遇し、その真相を解き明かす。
主に4人が酒を飲みながら、事件について様々な仮説を立てたり崩したりしているうちに、事件の真相へ辿り着く。そのため、「酩酊推理」とも呼ばれている。


西澤保彦「匠千暁シリーズ」:作品一覧

  1. 解体諸因
  2. 彼女が死んだ夜
  3. 麦酒の家の冒険
  4. 仔羊たちの聖夜
  5. スコッチ・ゲーム
  6. 依存
  7. 謎亭論処
  8. 黒の貴婦人
  9. 身代わり
  10. 悪魔を憐れむ


\今日の売れ筋をチェック/
Amazonミステリーランキングを見る>>

関連記事