最近のミステリー(推理小説)は、面白ければシリーズ化するという傾向があります。面白くない本を選ばないためにも、シリーズ物はおすすめです。
TOP > 東野圭吾 > 東野圭吾「加賀恭一郎シリーズ」

東野圭吾「加賀恭一郎シリーズ」

卒業 卒業

7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追求する。加賀恭一郎の初出演作。このときは国立T大在学中でありながらも多彩な頭脳で事件を暴く。

Amazonで見る >>

シリーズの特徴

ドラマ化、映画化で人気の加賀恭一郎シリーズ。
大学生の加賀が仲間内で起きた事件を解決する『卒業』から始まるこのシリーズは、2作目以降刑事となって活躍します。
犯人当てや謎解きがメインのシリーズでしたが、『赤い指』以降は家族をテーマに、加賀流の捜査が事件関係者の傷ついた心を救うというストーリーが魅力です。


東野圭吾「加賀恭一郎シリーズ」:作品一覧

  1. 卒業
  2. 眠りの森
  3. どちらかが彼女を殺した
  4. 悪意
  5. 私が彼を殺した
  6. 嘘をもうひとつだけ
  7. 赤い指
  8. 新参者
  9. 麒麟の翼
  10. 祈りの幕が下りる時



\今日の売れ筋をチェック/
Amazonミステリーランキングを見る>>

関連記事