最近のミステリー(推理小説)は、面白ければシリーズ化するという傾向があります。面白くない本を選ばないためにも、シリーズ物はおすすめです。
TOP > 大倉崇裕

大倉崇裕

大倉崇裕「福家警部補シリーズ」

大倉崇裕 2016/09/20公開

福家警部補の挨拶 本への愛を貫く私設図書館長、退職後大学講師に転じた科警研の名主任、長年のライバルを葬った女優、良い酒を造り続けるために水火を踏む酒造会社社長……。現場を検分し鑑識の報告を受けて聞き込・・・